ガス床暖房を取り付ければよかった

妹夫婦が注文住宅で新築を建てたので、このお正月に遊びに行きました。妹のところは共働きなので、我が家よりも余裕があり、家はオール電化です。
私はオール電化には不安を感じる方なのですが、唯一羨ましく思ったのが、リビングに床暖房を取り付けていることでした。我が家でも家を建てる際にはリビングの床暖房を考えたものの、予算の関係であきらめたのです。

 

妹が言うには、電気の床暖房は温まるまでに時間がかかるし、電気代も高くつくので、寒い日以外は使わないようにしているとのことです。床暖房にするなら、ガスがお勧めなんだとか。とはいえ、床が一度温まると快適で、床暖房には他の暖房器具にはないじんわりとした温かさがあります。歳を取ってからは、ありがたみが文字通り身に沁みそうです。

 

電気式の床暖房はリフォームして取り付けても比較的費用は抑えられますが、ガス床暖房の設置はかなりの費用がかかります。やはり最初に少し無理をしてでもガス床暖房を取り付けておけばよかったと少し後悔しています。

マイホームの自慢できるポイント

我が家は、新築の一戸建てマイホームを建てました。福生市に注文住宅でこだわりのあるマイホームを建てられたので大変満足しています。マイホームの自慢できるポイントですが、住宅設備が充実している点です。太陽光発電システムは採用しませんでしたが、床暖房や浴室の24時間換気、キッチンのIHヒーターやビルトイン食器洗い乾燥機といった最新の設備を導入する事が出来ました。

 

便利な設備を多く採用できたので生活していく上で大変便利な環境が整いました。次に家の外観のデザインについてもイメージ通りの家を作る事が出来ました。北欧風のお洒落なデザインの住宅を建てたかったので希望が叶って本当に良かったです。内装や各部屋のクロスもお洒落な物を選ぶ事が出来た点も良かったです。以上、マイホームを建てて様々な点が満足しています。建売住宅と比較して悩みましたが、思い通りのマイホームを建てる事が出来る注文住宅を選択して良かったと改めて感じています。

一戸建て購入のタイミング

長らくマンション住まいをしていましたが、ようやく憧れだった一戸建てを注文住宅で羽村市に購入しました。
同じ校区内に手ごろな物件が見つかったのが購入の大きな理由でしたが、家を買うなら子供が高校生になる前に、ということをずっと考えていて、そのタイムリミットが近づいていたためでもあります。

 

私の実家は、私が就職のために家を出た後に建て替えたため、実家に戻っても自分の部屋はなくなっているし、自分が育った家という感じが希薄で、物足りなさをずっと感じていました。巣立った後で子供が戻ってきても、高校時代を過ごした家なら自分の家だという懐かしさを感じてくれそうな気がするのです。

 

親の心子知らずで、子供は、マンションの方が楽だったなどと言いますが、小さいながらも庭があるのは嬉しいようです。
子供が巣立った後も子供部屋をそのまま残しておけるかまではわかりませんが、大人になってからも実家に戻った時はホッとしてもらえるような家にしておきたいと思っています。

夫の赴任地で一戸建てを建てるまで

今住んでいる土地は、お互いの故郷から遥か遠い、夫が会社の辞令で赴任して住んでいた土地でした。
しかし長閑で人柄の温かい場所であったことと、田舎だけれど県内では中堅の街で、交通の便や生活に不便があまりないことを理由に、子どもが幼稚園の年中になる年に、ここに新築一戸建てを建てようと皆で決めました。

 

土地選びは、まず立地優先。駅から徒歩圏で、将来子どもの電車通学に対応できるようにと探しましたが、駅の近くは価格も高く、日当たりの問題からなかなか思ったような土地がありませんでした。しかし数か月探し歩いた末、やや敷地は狭いものの、駅から近くて日当たりも良い場所に土地を見つけました。

 

そんな我が家の自慢は、何といっても駅から徒歩5分の立地です。そしてご近所の治安も良く街中で便利がとても良いところです。後悔した点があるとすれば、やはり少々土地が手狭なこと。将来子どもが車を購入すると駐車スペースが無いというところです。

 

家を建てる際には、とにかく明るい雰囲気と生活動線に無駄がないことを意識しました。夫の要望で、必ずリビングを通らなければ、どこへも行けないという構造にしました。また、子ども部屋には鍵を付けない。何かあってもひきこもることができないように工夫しました。家族の寝室を一つにしたところも、家族のコミュニケーションを大切にするために気を付けたポイントです。

 

これら、いつまでも家族が一つでいるための工夫は、家族の絆を大切にするためにも、これはとても良かったと思っています。子どもが思春期を迎えた今でも、相変わらず適度な距離感を持ちながら、皆で仲良く暮らしています。

病院の隣の一戸建ては便利

注文住宅で一戸建てを作りたいと思った時、どんなところがいいのか考えました。
まず思うこととして、安い土地がいいですね。
そのため、安い土地を探したのです。
ところが、安いということはやっぱり不便を感じると思ったのです。

 

せっかく一戸建てを建てるのだったら、もっと便利なところがいいと思うようになったのです。
スーパーは近いところ、たくさんの住宅があるところなどはとても便利です。
たくさんの住宅があると、安心ですね。
セキュリティの部分からも考えることが大切です。

 

そしてひとつの土地がとても気になったのです。
それはなんと、病院が隣にあるということです。
その病院は、救急病院ではないのでここがいいかもと思った事でした。
もしも救急病院だったら、ちょっと救急車の音などで嫌と感じるからです。

 

しかし、病院が近くだととてもいいと思っています。
特に勧めてくれたのは両親でした。
今はそんなに感じませんでしたが、先ではきっととてもよかったと感じることでしょう。

こだわった床材の一戸建について。

私達家族が青梅市に新築住宅を買おうと決断したのは、上の子が小学生になるため、アパートが狭くなってきたからでした。
また、旦那の親の持ち物の土地を譲って頂けるという話が舞い込んできて、学校にも近いし便利な場所だったため家を建てることを決めました。

 

私が家を建ててこだわったことは床の材質です。無垢材を使いました。
やはり、普通のフローリングに比べると暖かみがありとても気に入っています。
時間が経つといい味わいが出てきてコストがかかりましたが、こちらの床にして大変気にいっています。

 

ナラ材のクリア塗装を選びました。
塗装を少しコストダウンできるように自分たちで塗装して仕上げました。
後悔スポットは、お風呂場に作り付けの棚を作ったことです。

 

私達家族は一種類のシャンプー、リンスしか使わないため、あまり多くのボトルを置くことがないのに、使うかと思いラックを2つもつけてしまいました。
今は一つしか使っていないので、作り付けのものはあまりオススメしないところです。

土地を準備してから直ちにマイホームを建築

普通の企業のサラリーマンですが、凡そ10数年間は夫婦と子供二人のアパート暮らしでしたが、数年前にやっと戸建ての新築住宅をもつ事が出来ました。 場所的には新宿基点となる小田急線の沿線で神奈川県厚木市の本厚木と言う駅になり、この駅からバスで20分で、やや駅からは遠方になりますが、家々が密集している住宅街の一角になります。

始めの頃は、新築建売住宅や駅至近のマション等も希望していて懸命に探していましたが、結果的に駅よりやや遠くになり、適当な比較的新しい住宅地に土地を求めたのです。 勿論、不動産屋の仲介になりましたが、アパート時代に我が家の近くにあったこともあり、結果的に購入する事になったのです。

その後、住居に関しては不動産屋の紹介も有って、某住宅メーカーのプレハブ型の簡易軽量鉄骨造りで、地震にも強いつくりということでもあり、大いに気に入って建築することにしたのです。 間取りも広く部屋数も其の割には多く4LDKと言う事になります。

ただ、少し変わったところは日当たりがチョット悪いと言う事も有って、LDを2階部分にしたことです。 一階部分が8畳の和洋一部屋ずつとトイレに風呂場、物いれなどであり、2階部分が10畳のリビングとDK、それに6畳の和洋一部屋づつであります。

日常生活において必要な買い物や学校其れにスーパーやコンビにも直ぐ近くにあり、小学校なども徒歩5分圏内にあり、何と言っても市内を流れる清流を望めるところでもあり、環境的にも非常に良いところと自負しており、家族も喜んでおります。